生命保険と損害保険

生命保険と損害保険

【生命保険と損害保険の違い】

 

 

生命保険と損害保険の違いは、案外分かっているようで分からないものです。

 

ふたつの保険について詳しくは「生命保険とは」「損害保険とは」をご覧ください。

 

大まかに分けるとするならば、
生命保険は、人の生死にかかわるリスクを「保障」してくれることが殆どですが、
損害保険は火災や自己などで起こりうる物の損害にかかわるリスクを「補償」します。

 

生命保険会社が主に扱っている定期保険や終身保険などの死亡保険を第一分野の保険といい、
自動車保険や火災保険のような損害保険会社が扱っている、物に関係する保険を第二分野の保険といいます。

 

また、医療関係、つまり病気や怪我に対する保険は第三分野の保険になります。
この部分の保険は生命保険会社と損害保険会社が両方扱っている部分になります。
この第三分野の保険において、生命保険と損害保険の違いが出ます。
生命保険の場合、保険金の支払い額があらかじめ決まっているのに比べて、
損害保険は上限設定がある場合もありますが、実際にかかった金額が補償されるんです。

 

例えば、病気にかかった時、
生命保険会社の医療保険ですと、入院1日につきいくら、と定額が支払われます。(日額型)

 

ですが、損害保険会社の医療保険ですと、上限までなら、実際にかかった金額が支払われるんです。(実損填補型)

 

つまり、日額型の場合、実際にかかる金額以上の金額が支払われることがありますし、
逆に大きな病気で治療費がとても高い場合は、保険ではまかなえない場合があります。
さらに、基本的に入院した時に支払われるので、通院の治療ですとまったく払われないケースもあります。

 

実損填補型の場合、かかった自己負担の費用がすべて補充されます。
上限が決まっていなければ、どんなに高額の治療を受けてもすべてまかなってくれたり、
自由診療でも補償してくれるため、万が一の時に非常に安心です。

 

実際に必要な費用を補填する点では、実損填補型の保険のほうが役にたちそうな気がしますよね。

 

ですが、条件によっては、必ずしも損害保険会社のもののほうが好条件とも言い切れず、
それこそケースバイケースとなります。

 

例えば実損填補型の場合はほとんど定期型の保険で、
生命保険会社が出しているような終身型の期限の無い保険はありません。
老後の補償を確保するなら生命保険会社の終身型を選ぶ必要があります

 

両方の特性を良く知り、自分にぴったりの保険を選びましょう。
生命保険と損害保険のメリット、デメリットもよく比較してみましょう。

 

第三分野の保険を選ぶときにだけ、
この生命保険と損害保険の違いを頭に入れて、
終身かそれとも定期か、
定額型でも満足なのか、
限度額まででも実費を負担してくれる保険が良いのか、良く検討しましょう。

 

この違いを理解していれば、生命保険と損害保険を混同してしまうことはないと思います。


このページの先頭へ戻る