生命保険と医療保険

生命保険と医療保険

【生命保険と医療保険の違い】

 

入院

 

一般的に生命保険は死亡したときに支払われるものですが、
入院や手術をした時にも給付が行われるような
「特約」(オプション)もつけることができます。

 

そして、医療保険は入院や手術に対して保障する保険です。
生命保険は生命保険会社が販売していますが、
医療保険は生命保険会社のほかに損害保険会社が販売しています。

 

医療保険も広い意味でいえば生命保険の一種ということになりますね。

 

生命保険を細かく分類すると、死亡保険や医療保険、個人年金保険、養老保険などに分けられます。
ただ、「生命保険」と言われた場合、死亡保険を中心としたものを指している場合が多いです。
保険によっては医療保険と同等の保障を提供する特約が上乗せされてます。

 

また、生命保険と医療保険とは厳密には別物です。
生命保険(第一分野)とは、終身保険、定期保険、養老保険、年金保険の4種類のことです。
すべて人に対して掛ける保険のことです。
死んだときの保障、長生きしたときの保障というのが基本的な考えです。

 

医療保険とは損保(第二分野)とも異なり、第三分野と言われます。
損保も生保も扱うことが出来ます。
言うまでもなく医療の保険です。
医療費を保障するものなので、生命保険とは違いますよね。
基本的にすべて掛け捨てです。
解約金が貯まるものもありますが、その分多く支払っているだけです。

 

両方が一緒になっている保険商品が多いようですが、メリットは何も感じません。
多少でも知識のある方なら、すべて別々に加入すると何が何に必要なのか、
何にいくら支払っているのかが分かってくると思います。


このページの先頭へ戻る