積立保険とは

積立保険とは

積立保険のメリット

 

突然の病気や事故、災害などに備えることができる保険なのですが、
そうした突発的事項に備える保険は、だいたい定期型、掛け捨てとなっています。
でもせっかく高いお金を毎月支払うのですから、
まったく貯蓄性がない保険はなんとなくムダなような気がしてしまいませんか?

 

そんな人におすすめなのが、積立保険です。
積立保険は貯蓄性を重視した保険であって、場合によっては銀行の定期保険よりもずっと利率が良いこともあります。
貯蓄タイプの保険は、怪我に備えたり、老後の資金を積立たり、
また火災保険など損害保険商品でも積み立てることができます。

 

いまでは医療保険等でも、掛け捨てではなく、一定の期間ごとに生存給付金を受け取ることができたり、
払ったお金がきちんと戻ってくる、もしくはどんどん積み立てられるタイプの保険が多くなっています。
まさかのときに備えるのも大事だけれど、家計のなかで多くを占める保険金なので、
できれば将来のために蓄えたいと考えるのは最もなことです。

 

ですから、そうした消費者のニーズに応えた保険商品が多く出回っているんですね。

 

学資保険などでも積み立てを多くすることで、
将来のリターンを多くして、子供の可能性をもっと広げてあげることもできます。

 

生存給付金を受け取ったときに、そのまま自分で貯蓄しておくこともできます。

 

いざというときの補償というよりも、積立のほうに重点を置いた保険があってもいい筈です。
結局、自主的に貯蓄をしても、こうした保険商品を購入しても、
実際にアクシデントにあったときにそれを補償してくれるお金があればいいのですから、
そのときに十分なお金が準備できるようにしておく、という形になるのかもしれません。

 

保険の内容にもよりますが、一般に掛け捨ての保険・定期保険は価格が安く、
貯蓄性の高い終身保険は価格が高くなりがちです。

 

保障の内容や期間を考えると当然のことですが、貯蓄性の良い商品に預けるか、
もしくは自分で自主的に貯金をしていざというときの為に貯めておくか、どちらかを選び、
計画的なマネープランを練るといいでしょう。
保険を利用して積み立てる方法もあるということですね。

 

※参考【終身・更新・掛け捨てとは

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る