定期保険とは

定期保険とは

定期保険のメリット・デメリット

 

定期保険は、一言で言えば、掛け捨ての死亡保険です。

 

保険の契約に定められた期間内に死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険となっています。
期間満了まで生存している場合は、満期保険金は払われず、契約は終了します。
しかし、比較的割安な保険料で高額な死亡保障が得られるために、その部分では費用対効果が高いのが定期保険です。

 

ただ、いまはこの定期保険だけの商品というのは一般的ではなく、
より使い勝手や現実的に利用範囲の広い、定期付終身保険のほうが一般的になっています。
この定期付終身保険は、終身保険に定期保険を特約としてつけることができる保険です。

 

終身保険とは、期間が定められておらず、一生涯死亡保険がつく保険です。

 

定期保険特約部分には、保険料払込満了まで継続する、全期型と、
定期保険特約部分を10年、15年など区切りをつけて更新していく更新型があります。

 

割安な保険料で高額な死亡保障が得られる定期保険ですが、
終身保険なら実際の死亡時に保険金を受け取ることができますので、
ただの期間限定の定期保険だけでは勿体ない、少ない保険料でも終身保険を契約したいという人に
定期付終身保険が向いています。

 

また一概に定期保険といっても、各保険会社によっては契約内容や約款が違うことが多いですので、
それぞれの保険内容の把握や確認が必要です。
定期保険としてカテゴライズされている保険でも、いまは特約や約款によっては、
まったく違った内容になることがあるので、それぞれの保険商品の具体的な内容をしっかり理解してから契約しましょう。

 

定期付終身保険と、定期保険、また終身保険の内容の違いを知りましょう。

 

そして自分にとってより都合の良い保険商品を選んで、まさかのときに備えるか、
もしくは自分の預貯金などで計画的に対応していくといいでしょう。

 

定期保険は、保険期間内で死亡したときに、最大の保険金が支払われることが最大のメリットで、
解約返戻金は少ないので、少ない資本で死亡時に備えるには良い保険ですが、
他の部分をカバーしたり、他のメリットが少ない保険です。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る