終身保険とは

終身保険とは

終身保険のメリット・デメリット

 

終身保険は、定期保険とは違って、一生涯死亡保障が続く保険です。

 

定期保険は、保険期間内に死亡したときにだけ保険料が支払われる保険です。

 

定期付終身保険は、定期で決められた保険期間に死亡した場合最大の保険金が支払われるものの、
特約として終身をつけることで、期間がすぎれば終身部分の額だけ死亡保険金が支払われるものです。

 

そしてこの終身保険では、一生涯死亡保障が続く保険ですから、
定期保険に比べて、必ず保険金が確保できる保険となります。

 

保険料の払い込み方法は、一生涯払い続ける終身型(安い)、また一定期間で満了する有期型(高い)がありますが、
サラリーマンなどでは、定年までに払い込みを終了する有期払いにしていることが多いようです。

 

この保険の大きな特徴は、死亡保険金が必ず払われること、
また、保険料の払い込み期間が満了してからも死亡保険金は一生涯支払われ、
またもし途中で保険自体は解約した場合でも、解約返戻金が年を追うごとに増えていきますので、
保険が満了してからも続ける価値がある保険です。

 

満期保険金のようなものはないですが、掛け捨てでもなく、もしどうしても急にお金が入り用になったときでも、
解約返戻金が増えていっているので、老後の死亡保障に備えることができると同時に、
老後の生活資金などに充てることができるのがメリットです。

 

死亡保険というと、いまは定期保険というよりは、
掛け捨て率が少なくなり老後の資金にも変更できる可能性があるこの終身保険のほうが人気があります。

 

ただし、保険会社によっては、名称自体は定期保険、終身保険、または定期付終身保険になっていても、
約款や保険内容が大分異なる保険が多く販売されています。
契約前に内容の確認だけは怠らないようにしたほうがいいでしょう。

 

自分だけではよくわからないという方は、FPに保険見直し相談をしてみましょう。

 

それなりに長時間続けることが価値を生み出す保険としては、この終身保険は悪くない選択だと思います。
突発的な死亡時だけではなく、長生きした場合にも対処できる保険としていいと思います。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る