損害保険とは

損害保険とは

色々な種類がある損害保険

 

損害保険は、人生で突発的に起こるリスク、[損害]をカバーするための保険のことです。

 

生命保険のような一定額の保険金が払われる保険とは異なり、
損害を受けた金額による、実損払い方式が取られています。
それが生命保険と大きく異なるところです。

 

例えば自然災害である地震、火災や怪我、盗難、旅行時のトラブル、
またペットの病気や自動車やバイクに乗っているときの事故などに備えることができます。
その人のニーズに合わせて選べますし、実際の損額をカバーしてくれるところがとても魅力があります。
どんどん新しい保険も生まれてきているジャンルです。

 

損害保険として一般的なのが、自動車保険です。
この自動車保険では事故の際の搭乗者、第三者賠償、車などに生じる損害に備えることができます。
すべての運転者に加入が義務づけられている自賠責保険と、
自賠責でカバーできない部分を保障してくれる任意保険があります。

 

火災保険は、火災、天災による災害の補償と、
物体の衝突や水漏れ、火災による盗難など、建物、家財に生じた損害に備えることができます。
地震保険も天災に備える保険で、火山の噴火、津波などから生じた損害をカバーしてくれます。
地震保険は火災保険と合わせて契約することが一般的です。

 

また、突然の事故や怪我による入院や通院、死亡などに備えるのなら障害保険があります。
これは、生命保険との兼ね合いで、必要な部分を備えておきましょう。

 

その他、一般的によく用いられることが多いのは、(海外)旅行保険です。
旅行中の怪我や病気、盗難、持ち物の破損、飛行機の遅延などをカバーしてくれることが多いです。

 

その他、法人向けのサービスもあります。
火災や貨物、輸送の際のリスク、事業活動によって偶発的に起こってくる事業財産の損害を補償してくれます。
この法人向けの損害保険も数多く種類がありますので、大きなリスクを伴うビジネスを展開するとき、
また海外でのビジネスを考えるときに、リスク対策として必ず一度は考えておいたほうがいいでしょう。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る