死亡保険とは

死亡保険とは

死亡保険のメリット・デメリット

 

死亡保険とは、被保険者の死亡によって保険金を支払う死亡保険のことです。
保険の満期まで生存したときには、保険は終了し、保険料は支払われることはありません。

 

保険期間が一定であらかじめ決まっているものを定期保険、
また保険期間が一生涯、終身のものを終身保険といいます。

 

この死亡保険のメリットとしては比較的安い掛け金で保険の加入ができる点であり、
もし終身保険にしたとすると、定額で決まった部分の満額の保険料は受け取ることができませんが、
一定の保険金を受け取ることができ、全額掛け捨てを避けることができます。

 

死亡保険金は、被保険者が保険期間中に死亡することにより、
生命保険会社が保険金受取人に対して支払う保険となっています。

 

生命保険は、だいたい3つに分けることができ、
その中でも保険といえば死亡保障が最初にクローズアップされることが多いです。
その次にまさかのときの医療保障、最後に老後、貯蓄保険になります。

 

その点、皆さんの一番の心配は家族の大黒柱が突然死亡したときであることは明白です。
ただし、この死亡保険にも様々な種類があり、
突発的に家族の大黒柱が死亡してしまった場合でも受けられる社会保険や公的年金、
また企業側からの死亡退職金なども期待でき、意外に色々な所からお金が入る場合があります。

 

そのため、死亡保障商品だけではなく、保険商品を選ぶときは、
もっとも保障が手薄くなっている部分を補填するだけでいいのかもしれません。

 

死亡保障にカテゴライズされる保険は、
定期保険、定期付終身保険、終身保険、変額保険、無選択終身保険がありますので、
自分の状況や将来のマネープランを考えて、手堅く選んでいくことが賢い保険活用方法です。

 

保険業者や会社にお任せではなく、自主的に保険の内容をしっかり調査して、
自分の現状に合っているか、またまさかの事態に対応できるかどうかをしっかり見極めて保険選びをしていくことが大事ですね。
新しい保険商品などもありますので、良さそうな保険は早めにチェックしましょう。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る