生命保険とは

生命保険とは

よく聞く生命保険って?

 

生命保険を大きく3つに分けると、死亡保険と、生存保険生死混合保険に分けることができます。

 

死亡保険は、死亡、もしくは高度障害状態になったときに保険金が支払われるものです。
定期保険、また終身保険がこの死亡保険です。

 

生命保険とは一般に、この死亡保険のことを言う場合が多いです。

 

生存保険は、契約してからその保険が満期になるまで生存していた場合に、保険料が支払われるものです。
この生存保険は、年金保険が該当します。

 

また、生死混合保険は、死亡時、また高度障害状態になった場合に、
死亡保険を、また満期まで生存していた場合には生存保険金が支払われるものです。
養老保険がこの生死混合保険になります。

 

この3つが、生命保険の代表例ですが、このほかに、病気や怪我に備える医療保険
特定の病気にかかったり、要介護状態になったりしたときに役に立つ生前給付保険などもあります。

 

これらは単独で契約してもいいですし、色々な保険を組み合わせたり、
一つの保険で特約をつけたりして、気になる部分、カバーされたい部分を
強化した組み合わせにすることもできるでしょう。

 

生命保険にカテゴライズされる保険としては、
定期保険、終身保険、医療保険、がん保険、養老保険、年金保険、子供保険などがあります。

 

保険商品といえば、最初にくるのがこの生命保険です。
それぞれの保険商品の特徴を知り、
自分の人生プランに合っている生命保険を選ぶといいでしょう。

 

最近は、保険会社毎にバラエティに富んだ保険商品や
外資系企業によっていままで日本にはなかった保険プランなどが続々登場しており、
かなり安い掛金で加入できたり、既往症があっても高齢になっても加入できる生命保険などが増えてきています。

 

重い病気になっても、怪我をしても備えあれば憂いなしです。
ライフステージごとに生命保険を見直すことも、いまは一般に行われています。
そのときごとに適した生命保険プランを維持し、家計のムダを省きましょう。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る