火災保険とは

火災保険とは

火災保険のメリット

 

火災保険は、損害保険の一つで、火災等によって家財が燃えたり、建物を焼失した場合に補償してくれる保険のことです。
人生何が起こるか分からないのは、最近多発している天災や人災をみているとよく分かります。
それ以上に、自分の過失で火を出すことも、放火などの悪質な犯罪に巻き込まれることだってあります。

 

そうした未知なるリスクに備えるために入っておくのが損害保険であり、
その最たるものが、日本では地震保険と火災保険でしょう。
地震保険は、火災保険と一緒に加入するのが一般的で、
最近は津波や竜巻など自然災害が増えていること、また火災でも自然発生的に起こるものもありますが、
人為的に起こる火災も増えていることから、これらの損害保険には加入しておいたほうがいいでしょう。

 

もし自然災害で家や家財道具を消失した場合には、もちろん公的な補償を受けられる可能性もありますが、
殆どのケースでは、その補償は全体の一部か十分な金額ではありません。
そのため、いざというときに備えるために、この火災保険が必要なのは言うまでもないでしょう。
防犯対策として、万一自宅に放火される場合を考慮して、
ホームセキュリティーの一環として火災保険に入っておくと安心です。

 

様々な保険プランがありますし、個人の木造住宅から、法人の建物に至るまでしっかりとカバーしてくれますので、
まずは損害保険会社に相談してみたり、パンフレットやウェブなどで詳しい保険プランを見て、検討を始めましょう。
損害保険会社だけではなく、最近はセキュリティー、警備会社が提供している保険プランなどもありますので、
各社のサービスを比較検討してベストと思うものを賢く選んでいくといいでしょう。

 

ウェブで保険料を簡単に見積もることもできますので、
家計に響かない程度にセキュリティーやまだ見ぬ天災、人災について備えておくことはとても大事なことです。
将来のリスクに備えて火災保険の契約は忘れないようにしましょう。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る