確定拠出年金とは

確定拠出年金とは

確定拠出年金のメリット・デメリット

 

個人年金のもう一つのプランとして、確定拠出年金があります。
これは、国民年金や厚生年金などの公的年金に余裕をプラスする、
もうひとつの私的な年金として、老後の資産形成に役立てることができるプランです。

 

普通の個人年金との違いは、この年金は、現役時代に掛け金を確定して拠出し、
その資金を預かった先で資金を運用し、その損益によって老後の受給額が決まるという、
掛金自体、また年金額が運用実績によって左右される年金となります。

 

もちろん運用が成功すれば、よりリターンの大きい年金商品となりますが、
もし失敗した場合は見込み年金よりも少なくなるケースもあります。
その部分では、他の個人年金と比べると、よりリスクの高い商品といえるかもしれません。
日本版401Kとも呼ばれることがあります。

 

これに反する年金商品としては、確定給付年金があり、
この年金は老後の受給額の目標金額を現役時代に確定しておいて、将来の受給額から逆算して
いま支払う金額を算出して、現役時代に払っていく年金です。
これは老後の年金支給金額が決まっているので、その分安心度の高い年金商品ですが、
実質自分で積み立てているに過ぎない面もあります。

 

この確定拠出年金には、個人型と企業型があり、加入する場合には様々な条件があります。
個人型は、国民年金基金連合会が60歳未満の自営業者等、つまり第1号被保険者である人や、
企業年金を実施しない企業に在籍する60歳未満の従業員、つまり厚生年金の被保険者を加入者として実施しています。

 

企業型は企業が掛け金を払うのですが、実施企業は、厚生年金の適用事務所に限るので、加入することができる人は限られています。

 

運用プランによってその拠出額は大きく違ってきます。
そのため、加入者はその運営管理機関を通じて運用指図を行って、資産を運用することができます。
自分の意志で運用できるのはいいのですが、その点運用は自己責任になるので、
その点はメリットにもなり、デメリットにもなり得る部分ですから、年金商品の選択の際には気をつけましょう。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る