介護保険とは

介護保険とは

介護保険のメリット

 

これからの超高齢化社会に必要とされるのは、死亡保険や医療保険より、介護保険かもしれません。
高齢になると、人の介護や助けなしに一人で独立した日常生活を送るのが難しくなりますが、
これらの高齢者のサポート、介護を事由として支給される保険が介護保険となります。

 

いまのところ公的保険として使われていますが、より豊かな老後に備えるために、
民間でも介護保険分の積み立てを保険プランに組み込む保険も増えてきました。

 

民間の介護保険では、公的介護保険で要介護状態になったときに
一時金や年金が貰えるような商品となっています。
病気や怪我だけではなく、それによって日常の行動が制限されるようになったときや
自宅で療養するとき一番必要なのは、やはりその要介護の日々を支えてくれる保険金です。
公的サービスだけでは満足なサポートを得られない場合には、この保険金を使用して、
私的にお手伝いさんや看護師、介護士さんを雇うこともできますね。

 

実際、将来の自分が要介護状態になるなんて想像もできないかもしれませんが、
国民の25パーセントがすでに65歳以上の高齢者になっている現状を考えると、
公的サービスだけでは、これらの高齢者のQOLを保つことは難しいのです。

 

その場合、自分でしっかり介護状態に備えておくことは豊かな老後を送ることにもなり、
自主性に富んだ生活を送るためには必要な保険かもしれません。

 

各種保険会社でも介護保険を用意していることが増えました。
具体的にどのような補償内容がベストなのかは、個人によって異なると思います。
そしてなかには、介護保険分まで保険に入っておく必要はないと考える人、
保険というよりも自分で貯蓄しておくことのほうが大事と考える人もいると思います。
それぞれの考え方に従って、自分に必要な保険を選んでいくといいでしょう。

 

これからの将来、受けられる社会保険やサービスは先細りになっていく可能性があります。
その日の為に、自分でできる対策はしておいたほうがいいに違いありません。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る