地震保険とは

地震保険とは

地震保険のメリット

 

地震保険は、一般的に地震や火山の噴火、地震による津波による被害を受けたときに、
それらを原因とする火災や損壊、埋没や流失した損害を補償するための保険で、
これからますます注目を浴びる保険だと思います。

 

地震保険の対象は、おもに居住用の建物と家財について補償されます。
また、火災保険だけでは、地震を原因とする火災や延焼、
拡大してしまった火災に対しては補償されないところがネックなので、
だいたい地震保険と火災保険を同時に加入することが勧められます。
地震保険は、火災保険とのセットで取り扱われている事が殆どです。

 

いまの日本では天災のリスク、とくに大地震が起こる予兆がさまざまに報告されていますが、
将来に大地震が起こる確率としては、これ以上ないくらい高まっています。
地震が起こってからでは取り返しがつかないので、いまからしっかり備えておくことをおすすめします。

 

地震保険では、保険の対象である居住用の建物または家財が全損、半損、または一部損なわれた場合に
保険金が支払われますが、居住の用に供する建物および家財、つまり生活用動産が補償対象となり、
業務用の工場、事務所など住居として認められない建物、
一個や一組の価格が30万円以上の貴金属や宝石、骨董、通貨、有価証券、印紙、切手、自動車等は
含まれないところに注意です。

 

ですから普段から地震や津波が予想される地域にお住まいの人は、
あらかじめできる対策として、貸金庫やストレージルームなどを借りたりして、
貴重品や骨董品などは特別な場所に保管するなど自ら早めに対処しておくのがいいでしょう。

 

災害は忘れた頃にやってくるもの。
事前に準備しておけば、貴重な財産や二度と戻らない思い出の品を無くしてしまうこともなく、
安心して毎日の生活を送ることができますよ。
普段から事前に備えられることはあらかじめ危機管理をしておきましょう

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る