医療保険とは

医療保険とは

よく聞く医療保険って?

 

医療保険は、病気や怪我などで入院したり、手術を受けた場合などに保険金が支払われる保険商品のことです。
一定の保険期間を定めた定期タイプの保険商品が多くなっていますが、
いまは様々な保険会社からバラエティに富んだ医療保険が販売されており、
一生涯保障の終身タイプも増えてきました。

 

医療保険の給付金は、入院給付金、手術給付金、また退院給付金、通院給付金などに分かれていて、
主に入院給付金、手術給付金がメインとなっています。

 

定期保険や終身保険の特約として医療保険をつけることもできますし、
医療保険単品でも加入できます。
もちろん定期保険や終身保険の医療特約として医療保険を併用し、
医療保障を手厚くすることも可能です。

 

医療保障として扱われるのは、医療保険、がん保険、障害保険、所得補償保険などがあります。
医療保険ですと、保険証書に記入された三大疾病や指定の病気以外はカバーされないこともありますし、
その内容によっては、病気や怪我の際に十分な保障が得られないこともあります。

 

その為に、がん保険、障害保険、所得補償保険が必要になってきます。
医療にかかる費用も大事ですが、病気や怪我で入院しているときの生活費の部分をカバーしてくれる保険、
所得補償保険なども入っておいたほうが良い保険でしょう。

 

むしろ、公的サービスとして利用できる高額療養費制度利用などを考えると、
実質的に必要なのは、入院、病気中の生活費の補填のほうです。

 

万一の事故や怪我によって死亡するよりも、高度障害や寝たきり生活になるほうが、
死亡するよりもずっと将来的にお金の心配は多い筈です。
そのため、医療保障商品の選択はとても大事になってきますので、
一度専門家などに相談し、自分にとって一番必要な保険内容について考え直したほうがいいでしょう。

 

医療保険は、既往症に関するカバーが効かないことが多いうえ、
リスク高になる高齢者の場合、加入できないことが多かったですが、
最近は様々なケースに対応した保険商品が多くなっており、
既往症、お年を召した方でも加入できる保険もあります。

 

比較検討して、ぴったりの保険を見つけましょう。

 

 

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る