学資保険とは

学資保険とは

学資保険のメリット

 

学資保険は、子供のこれからの教育、つまり進学やそれにまつわる費用をしっかり貯蓄しておくためにある保険です。
子供にはできるかぎりの教育、そして望んだ教育を受けさせてあげたいものですが、
不確かな将来に備えるために、子供ができたらこの学資保険を考える保護者が多いのです。

 

また、保険期間中に万一親が死亡した場合は以後保険料の支払いは免除されることがほとんどで、
親が死亡しても、子供の将来の教育に差し障りがないような仕組みになっています。

 

学資保険の場合は、親が契約者、被保険者、子供自身が被保険者になるケースがあり、
学校の入学、また卒業時にはお祝い金、また保険の満期時には満期保険金が支払われます。
満期になるまで保険料を払い込むことで、確実に満期保険金が受け取ることができる、
とても手堅い保険商品となります。

 

もちろん親自身が死亡保険や医療保険に加入しておくことでいざというときの保障を得られるようにしておく事も大事ですが、
この学資保険にも加入しておけば、親の万一に備えると同時に、死亡時以降は払込金が免除されますので、
ある意味子供の教育資金を計画的に準備するための保険になります。

 

積み立て部分を大きくすれば、もちろん満期のときに受けとる金額は多くなりますので、
大きなリターンを得たいときには、その積み立て部分を手厚くしておくといいでしょう。

 

子供が公立学校に進学するか、また私立学校に進学するかでまったく教育資金も違ってきますし、
いまは海外留学などもポピュラーになっています。
だからこそ子供のやりたいことにあわせて、しっかり資金は用意しておいてあげたいですね。

 

学資保険は、他の保険に比べてすこし地味なイメージがありますが、
場合によってはかなりの費用対効果があり、被保険者を親にしたり、子供にしたり、様々な入り方もできますので、
いざというときの備えに、一つくらい契約しておいた方が進学の際になって金銭的な問題がでてきたときに困らないで済むでしょう。

>TOP:保険見直し広場|見直し業者人気ランキング!

◆保険に関する質問はこちらからご投稿下さい。

このページの先頭へ戻る